Search this site
<< 秋雨とスカーフ | TOP | 宝塚宙組東京公演 エリザベート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
負の感情に貶められない

のんびり鈍感モードで仕事をしていると指摘されたり諫められる私だって、たまには悔しさにグーっとなる事はある。

相手の態度がどうこう、というよりも、この悔しさに甘んじなければならない自分の不甲斐なさが情けないのだ。

 

悔しさをバネに今やれる事に真摯に向き合うしかないんだなと、あまりにう当たり前の真実を噛みしめるわけ。

他人に八つ当たりしたり、悔しさを露わにぶつけたりするのだけはしない。それをすると負の感情に乗っ取られてしまうから。

 

私が苦しいと感じるのはいつもそれ。

腹立たしい、承服できない、理不尽だ、そんな気持ちは誰しも持っているだろうし、仕事でもプライベートも同じことだ。

その感情に心が乗っ取られるのと闘うのがとてもしんどい。

何に対して怒っているのか、実は怒りの根は自身のなかにあるのではないか、負の気持ちを分析して理解したうえで自分を宥めるのは本当に消耗する作業だ。

こうして書くと馬鹿みたいに理屈っぽいけれど、誰しもやっていることなんだよね。

こんなことでもないと、ひとは弱い自分を見つめなおすなんてできない。

 

この悔しさを引きずらず、前を向いて進めますように、とこの文章を綴りながら思っている。

| Diary | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://goodaystroll.jugem.jp/trackback/924
トラックバック