Search this site
<< 文楽 通し狂言仮名手本忠臣蔵 | TOP | 湯たんぽと朝のお味噌汁 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
秋冬の被服計画その後

この秋冬の被服計画に沿って買ったのはこれだけ(笑)。

 

ニットは結局お手軽にMUJIで。

袖が長すぎず着丈も少し短め、ハイゲージで程よく薄いグレーはなかなか見つからないものだなあ。如何にもな杢グレーは嫌だったのよ。いや、私に探して回る情熱がないともいえる。

 

スカーフはこれと決めていたエルメスのバックルプリント。

赤は候補外で白かオレンジ、または黒から選択。当ててみて一番顔映りがよかったのがやはりオレンジ。ショップのお姉さんもこれがイチオシだった。全身黒でオレンジを差し色にしてもいいし、手持ちの濃いオレンジのスエードスカートに合わせてもいい。

 

手袋はラピスブルーが見つからず第二候補のフューシャピンクを。

sermonetaの手袋は主だったデパートならどこでも置いているけれど、色数がきちんと揃っていて尚且つ売り場に手袋棒(あれ何ていうの?)を持ったお姉さんのいるところで買いたかったのだ(笑)。

薄手のグローブから手首をボタンで留めるロンググローブまで揃えるsermonetaのコーナーがあるのを記憶していた横浜高島屋で。

 

 

当たり前なんだけど「今シーズンはこれだけ必要」と決めると結局無駄な買い物をしない。何より衝動的にモノが欲しくならない。

秋のはじめに大量に服を処分した。

そのうち着るからと逡巡していたカシミアニットのアンサンブル(ふわっとしたシルエット)、似合わないのに大好きだった桜色のニット、本当は大嫌いだけど着やすいから持っていたポンチ素材のスカート、そういうものをごっそり捨てた。

代わりに、買いなおしたほうが安上がりとわかっていながら、気に入っている40年モノ(母のおさがり)のカーディガンとセミタイトスカートをリペアに出した。

 

来春に新しい服が必要かどうかは年明けにまたごっそり大処分をしてから考えよう。

 


 

| Diary | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://goodaystroll.jugem.jp/trackback/930
トラックバック