Search this site
<< 湯たんぽと朝のお味噌汁 | TOP | 明けましておめでとうございます。 >>
年末恒例

年賀状書きに追われています。

それほどの量ではないにしろ、字が下手なのと最近はPCに頼り切りなので作業を始めるまでが大変。

基本的には宛名も手書き。

そしてほぼ全てにちょこっとコメント。

仕事先もプライベートも同じです。

 

それでも100枚も書かないのだから随分と少ないよねえ。

何となく年に一度「今年は会いましょう」みたいな遣り取りが空しく思えて、最近はむしろ年賀状自体を出さなくなった知人もいる。

どうしているかなあと思いながらも、それだったらLINEやメールで連絡とって会う機会を作ろうと心がける方が気持ちに沿っている気がして。あまり七面倒に考えなくていいでしょうけれど。

 

ITバリバリ企業の代表などしていらして、手書きの年賀状をくださる方もある。

何から何までインターネットで繋がる世の中でも、ひとの手を経たものに価値を見出していらっしゃるのだと思うと温かいものを感じます。

私は古い人間ですから、ITベンチャー小僧社長さんとかが、まんまアナログを軽視した振る舞いをするのをみると可笑しくなってしまう。1枚のお礼状、1通の詫び状、1本の電話から聞こえる声が実はビジネスを円滑にすることだってあるのになあと。

 

来年は私が今の仕事を初めて10年目になります。

右も左もわからずパヤパヤ(今もパヤパヤだけど)の私を見捨てずにずっとお付き合いくださった会社への年賀状には、ちょこっとですが感謝の気持ちをしたためています。

 

慌ただしいし気持ちは急くけれど出来るだけ丁寧に書いて25日までには投函したいと思います。

 

 

| Diary | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://goodaystroll.jugem.jp/trackback/932
トラックバック